捕獲した後はどうなるの?

住宅の天井裏や床下に侵入し、そこで営巣され悪臭や騒音などの日常生活に対しての被害や、農作
物を荒らされるなどの被害をもたらしたアライグマは、”有害鳥獣”となります。
そういった被害を受けてしまい、仕方なく捕獲する場合は各地方自治体に有害鳥獣捕獲の申請を行
い、捕獲ゲージを設置し捕獲し法律に基づき殺処分を実施します。
当社では苦痛を伴わない二酸化炭素による安楽死を採用しています。
たとえ”害獣”であっても、ひとつの大事な命には変わりありません。
そこで当社では提携のお寺附属のペット霊園にて火葬及び供養をお願いしております。
駆除作業ではありますが、無下に扱うことなく最後まで丁寧に行います。
※当社では基本的に積極的な作業は行っておりません。
慰霊祭外観 慰霊祭

捕獲後の流れ

捕獲後の流れ

また毎年同霊園にて実施される動物慰霊大祭にも社員一同参列し、捕獲したアライグマたちの供養をしています。命を扱う仕事をしている以上、決してそのことを忘れずに日々の駆除作業を行っていかなくてはいけません。

まずは、ご相談ください!

メールでのお問い合わせ

トリプルエーチャンネル

スタッフブログ

メディア取材・講演依頼の方はこちら

projectNext あなたと被災地をつなぐ「顔が見える支援」

採用情報

ページ上部へ戻る